元クズ男が送る恋愛指南

モテたい男女に贈る最高のエンターテインメントブログ

MENU

【振られそう】彼氏に冷められたときの対処法10選

昔は仲良しカップルだったのに、突然別れの危機に。

彼氏のことが大好きなのに、気づいたら彼氏に愛想をつかされてしまい、彼氏と別れそうな気配が...。でも彼氏と別れたくない…!
そんな彼女のために、「彼氏と別れたくない時の対処法」を紹介します。彼

氏に振られそうと不安になっている女性は是非ご覧ください ね。

 

 

「振られそう」と思う瞬間
彼氏の別れたいサインとは?

f:id:yokunoplan:20210623215654j:plain

LINE・メールの返信が遅い

男性は好きな人とは連絡をずっとしていたいと思うことが多いです。しかし特に好きではなくなった女性には興味も示しません。付き合っているという状況が惰性で返信させているだけかもしれませんよ。

デートの回数が減ってきた

「会いたいな」と言っても「仕事が忙しいから」「趣味に没頭したいから」という理由で会ってくれなくなると、それはもう彼氏に冷められたのかもしれません。デートの回数はどうですか?

熱々だった頃は週に1回はデートしていたのに、それが2週に1回になり、3週に1回にななったりしていませんか?

デートの内容がマンネリ化


昔はデートも「最近流行っている店があるんだ」と言って連れて行ってくれた彼氏も、日を追うごとに適当に選ぶということも多くなります。要は彼女のためにデートを考えるのが面倒になってしまっているのです。マンネリ化してきたら彼氏に大切に思われていないことも多いので、そこは注意が必要です。ただ、中には本当に忙しくて、デートを考える余裕がない人もいます。そこは相手のことを考えて、一緒にデート内容を考えていくということも必要ですね。

会話が少なくなった

どんなことでも盛り上がっていたのに、何やら最近になってから「会話が少なくなったな」と感じることはありませんか。それはもしかしたら、彼氏の気持ちが冷めているのかもしれません。彼女とも話すことがなくなり、終始無言になる時間が増えると危険信号です。

時間を気にするようになった

会っている時や一緒にいる時、デートをしている時などなど、彼氏が時計を気にするようになったら「早く帰りたい」の合図かもしれません。彼女のことはあまり気にせず、時間ばかり気にするようになった時には素直に別れた方が良いかもしれません。

態度が冷たい


何をしても態度が詰めたいということもあるかもしれません。そんな時には冷められたと判断して良いでしょう。正直、彼女にいつも優しくできない彼氏は、彼女と付き合う権利もありません。態度に出てしまっている時点で、関係は終わりに近いですよね。

プレゼントがなくなった

前はプレゼントも頻繁に贈ってくれていたという彼氏が、何もプレゼントしてくれなくなった時には要注意です。プレゼントが欲しいと言えば現金な話になってしまいますが、プレゼントは彼女に対する気持ちの大きさを意味しているのです。

 

冷められた時の対処法10選

f:id:yokunoplan:20210623215709j:plain

彼に不満を聞いてみる

彼氏の態度から別れを予感した場合は、自分に対して不満がないか聞いてみましょう。不満を聞くときは攻めるように聞くのではなく、穏やかな態度で聞くことが大事です。不満の理由が自分にあったときは、改善するよう心がけましょう。

すぐに改善できなくても直そうとする姿勢を示すことが大事です。頑張っているあなたに対し、「考え直してみようかな」という気持ちになってくれるかもしれません。

また、自分に非があった場合は誠心誠意謝りましょう。彼に不満を聞いた結果、ひどい振る舞いをしていたことに気づくかもしれません。そんなとき、ただ謝るのではなく、誠心誠意謝ることが大切です。誠心誠意謝ることが彼の冷めた心を開くことに繋がります。彼の立場に立ち、どんな謝り方をすれば許してもらえるか考えることが必要です。

冷静に自分の心境を伝える


振られそうで不安なときは、冷静に自分の今の心境を伝えてみましょう。連絡が減って不安な気持ち、会う回数が減って不安な気持ちを素直に伝えてみてください。もしかしたら別れたいサインではなく、忙しかったなど他の理由が聞けるかもしれません。

「好き」という気持ちを伝えるのも良いと思います。自分を本当に愛してくれているとわかれば、別れたいと思っていた彼氏も考え直してくれるかもしれません。ウザがられないよう、しつこく言いすぎないように注意しましょう。

 

デートの頻度を減らす

彼氏に逃げられたくなければ、デートの頻度を減らすというのも効果的です。彼女といる時間が長ければ長いほど、嫌な部分を見ることになります。別れたい気持ちが増すことも考えられます。思い切って彼氏と会う時間を減らしてみるのはいかがでしょう。

デートは早めに切り上げる

 

デートのとき、「このあとどうしようか」とだらだらするのではなく、「もう今日は帰るね」と早めに切り上げるのも効果的な方法です。理由を聞かれたら「家でやりたいことがあるから」などと、あなただけにハマっているわけではないことを遠回しに伝えてみましょう。

自分との時間以外にも大切にしている時間があることに気づいた彼氏は、途端に寂しく思うかもしれませんね。そんな彼女を見て、また追いかけたくなる人もいるでしょう。

しばらく連絡をしないでおく

振られそうな予感がしたら、しばらくメールや電話を自分からしないようにしてみましょう。もし本当に彼氏が別れたいと思っている場合、彼女からの連絡をうっとうしく感じるでしょう。不安なときは余計に連絡を取りたくなりそうですが、まずは一週間くらい我慢することをおすすめします。少し距離を置くことでこちらの大切さを考え直してくれるかもしれません。

 

距離を置こうと伝えてみる


彼の気持ちが冷めていることが確実であれば、「距離を置こう」と提案してみましょう。彼の心の中にも寂しさがあふれ出てくるかもしれません。去っていこうとする姿を見て、追いかけたくなる気持ちが強くなるかもしれませんよ。

友達や家族との時間を増やす

恋愛に夢中になると彼氏との時間を大切にしがちです。振られそうと感じたときは、距離をおくためにも友達や家族との時間を増やすようにしてみてはいかがでしょうか。不安な時間よりも楽しい時間が増えれば、表情もパッと明るいものになるでしょう。
自分との時間を優先させていた彼女が、突如ほかに時間を費やすようになったら、彼氏も焦るのです。彼氏の心が、自分のところに戻ってきてくれるかもしれません。

彼氏の気持ちが取り戻せるような習い事をしてみる

得たスキルにより、彼氏の心が戻ってくるような習い事をしてみるのも一つの方法です。久しぶりのデートにお料理教室で習った料理を振舞うのはどうでしょうか。また、付き合い始めたころと比べて体形が変化しているのであれば、美しいボディを手に入れられるヨガも良いですよ。

会うときはにこにこ顔で

振られそうと感じたら、不安が顔や言動に出てしまいそうです。でも彼と会うときにそんなムードであれば、彼氏としても楽しく過ごせないでしょう。

不安でしょうがないとは思いますが、彼氏と会うときはこれまでと同様のにこにこ顔で過ごしましょう。楽しそうな笑顔を見てやはり可愛いなと思ってくれるかもしれませんよ。

信頼のおける友達に相談する

二人のことをよく知っている人や自分のダメなところまで知っている友達に、振られそうな不安を告白してみましょう。自分のことや二人のことをよく知っている人物ならば気づかなかった問題点を見つけてくれたり、適切な助言をくれたりするかもしれません。
問題点を知ることができれば、それを克服することで、さらに良い女性になれるかもしれません。気持ちも楽になりますし、信頼できる友達がいるのであれば相談してみてくださいね。