よーくの経験談

モテたい男に贈る最高のエンターテインメントブログ

MENU

大学生が都内の少し高級な居酒屋でバイトすべき5つの理由

 

f:id:yokunoplan:20190305161017j:image

こんにちは、よーくです!

 

僕は現在一年くらい都内の少し高級な居酒屋でアルバイトをしております。

(客単価6000円、時給1100円、某山手線駅徒歩5分ほど)

 

それまでは僕は一般的に田舎と言われる地元でバイトをしていたのですが、都内でバイトを始めてからたくさんの良いことがある事に気付きました。

今回の記事は都内(都会)でバイトできる距離に住んでいる方に向けております!

(ちなみに僕は東京駅から50分程のところに住んでおり、辺りは田んぼ、森林が多々あります。)

 

では一体「都内で」「居酒屋で」バイトをすることの何が良いのでしょうか。一緒に見て行きましょう!

1.都内居酒屋における時給

まずはやはり時給ですね。

 

田舎では居酒屋でも時間1000円(研修時給950円)だと高い方ではないでしょうか?

 

都内では時給1100円〜1400円が普通です。

ちなみに僕のお店は時給1100円で、隣のお店は1400円だそうです。(そこのアルバイトの型に聞いた話ではブラックではなく全然普通だそう)

 

たった100円の差と思うかもしれませんが

週3日で一日5時間働いたとしたら、一週間で1500円、一月で約6000円、一年で約72000円も違ってきます。

 

さらに深夜時給25%UP(10時以降は時給が25%上がるというもの)というのもあるので、もっと差は開きます。

 

なんと1100円の25%UPは1375円!

 

時給の高いバイトは魅力的です。

2.居酒屋接客で知識(マナー)が身につく

僕のお店は客単価6000円程の少し高級な居酒屋です。

提供する料理も当然良いものになり、より高いサービスも要求されます。

 

僕がこの居酒屋で身につけたのは

・礼儀作法

・料理の知識(当然、料理の説明も必要になってきます。例えば白身魚は塩も合う、など)

・日本酒の知識(お酒のことを聞かれることも多々あるので、やっていくうちに甘い日本酒や辛い日本酒の知識が付いて行きました。)

・会計時の知識(社会人の飲み会と大学生の飲み会は全然違います。将来、幹事をやる際にどうすればスマートな会計ができるのか、多くの社会人の飲み会を見る中で学ぶことが出来ました。)

3.大手企業の方に触れることができる

客単価が高いため大学生などの学生よりも社会人の方が多くいらっしゃいます。

商社やゼネコンなどの大手企業の方から現場で働く方まで幅広い職種の方がいらっしゃいます。

中には話すのが好きな方もいらっしゃり、お話をさせて貰うことがあるのですが、

 

これが大変勉強になります。

 

学生のうちから、こうして色々な生の考え方を聞くことができるのは非常に貴重な体験だと思います。

 

自分の希望職種の方もいらっしゃった時は、普段見ることのできない飲み会の様子なども見ることができるので就活の助けにもなりますよ!

4.外国人と話す機会が増える

東京はやっぱり外国人観光客が多いのでお客さんとして訪れてくる事が多々あります。

(田舎ではほぼありません。泣)

 

皆さん英語は話せる方がほとんどなのでこちらも英語を話してみますが全く通じません。(笑)

悔しいので英語の勉強をして色々試行錯誤を取り組んだ結果、通じた時の嬉しさったらなかったです。(笑)

 

バイトで外国の方と英会話をし、自らの英語力の向上もできる。

 

魅力的ではありませんか?

5.ちょっとカッコいい

そのまんまです。田舎民からしたら都内でバイトってだけでなんかカッコいい。

6.高級過ぎないから丁度良い

高級過ぎると求められるものも最上のものになってきます。

こうなると覚えることも多くなるため少し高級くらいが丁度良いのかな、と思います。(あくまで僕の意見)

まとめ

いかがでしたか?

 

都内の少し高級な居酒屋でバイトをしてみようという気にはなりましたか?

 

興味を持ったら是非思い切って挑戦してみてください!

ついでに

下には今おすすめなギフトサイトを載せておきます。

こちらはこれまで全国200社以上の企業で、ノベルティや記念品としてご利用いただいてきたギフトパッドのWEBカタログ。
メールやカードで手軽に贈ることができ、受け取った方に好きな商品をお選びいただけるという新しいもの。

 

気になった方は是非下のリンクから見てみてください!