よーくの経験談

モテたい男に贈る最高のエンターテインメントブログ

MENU

大学生活で実家通学して良かったと思うこと

こんにちは! よーくです!

 

あなたは大学までどのように通学していますか?

 

僕は三年間実家から通い続けており、この後も続けるつもりです。

 

僕は実家から大学までドアtoドアで1時間半ほどかかる所に住んでおり、たくさんのメリット、デメリットを感じてきました。

 

今回はその中のいくつかを紹介しようと思います。

 

ちなみにここでの実家暮らしとは大学から電車で1時間以上の距離に住む学生のことを指すことにします。

 

 

f:id:yokunoplan:20190311163638j:image

実家通学のメリット

・ご飯、洗濯など家事全般をやらずに済む

実家通学の最も嬉しいところだと思います。(笑)

帰ってきて温かいお風呂、美味しいご飯がある喜びったらないですよね〜。

 

一人暮らしだと帰っても寒くて暗い部屋が待ってるだけ…(彼女がいたら別かもしれませんが、、、)

 

親に感謝です。

 

・定期がある

定期があると大学付近ではない場所に遊びに行く時の交通費の節約になります。大学の場所にもよりますが、都内の大学に通われている方や都内近郊の大学に通われている方は定期の存在が非常に便利に思うのではないでしょうか?

 

 

・電車の時間に色々できる

実家通いの電車の時間は長いです。この時間、有効活用しようと思えばいくらでもできるし、僕みたいにずっとゲームをすることも出来る訳です。特に朝の通学の時間は、一人暮らしの人には存在しない、実家暮らしの早起きにより生成された時間です。

この時間を有効活用できれば成績が悪くなることもないのでは??

 

僕はずーっとゲームして通学していました結果、留年しそうになっております。(僕そもそも朝起きれず授業に出ない方が多かった事が原因ですが)

 

・一人暮らしよりかかる費用が安い

一人暮らしに必要な家賃や光熱費に比べれば高めの定期でも安いもんですよね。

 

実家が良いにすることで親にしてみればお金が浮くので、親から貰えるお小遣いが増えるかもしれません。

 

ちなみに僕は母親に、現役で塾なしで実家通いだからとても親孝行だ。だから、お小遣いを増やしてくれませんかと三年間言い続けていますが増えたことはありません。(現在10000円)

でも大した大学ではないし、10000円も貰えているだけありがたいので文句がある訳ではありませんが…(笑)

 

・お金に余裕が生まれやすい 

やはり夕飯が出る分外食も減りますよね。

一人暮らしの人よりお金がかからないはずです。

 

僕は実家なのに一人暮らしの人よりもお金がありません。どうしてなんだろう。

 

・安心感が違う

自分の生まれ育った場所、家族がいる安心感はやっぱり偉大ですよね。

長期間家から離れるとめちゃめちゃ寂しくなりませんか?

 

僕は免許合宿の二週間ですら寂しくなってたまに家に電話していました。

友達に寂しがりすぎかよ笑って馬鹿にされましたが、僕はこれが普通だと信じています…。

 

 

実家通学のデメリット

・朝起きるのが早い

おそらく実家暮らしの1番辛いところはここではないでしょうか。(笑)

最低でも一人暮らしの学生よりも1時間は早く起きなければいけません。

 

朝の1時間ってめちゃめちゃでかいですよね。

 

7時起きと8時起きとでは天と地ほどの差があります。(僕調べ)

 

3限スタートバンザイ

 

・大学の友達と気軽に会いにくい

夜突然遊ぼう!とか一緒に課題やろうってなっても集まりにくいのが実家勢。

気軽に集まれる一人暮らしの学生が羨ましいです…。

 

・夜帰るのがだるい

大学近くの居酒屋で飲むことありますよね。サークルの飲み会とか学科の飲み会とか。

 

そのあと帰るの面倒じゃないですか?(笑)

 

もちろん一人暮らしの友達の家に泊まることだってできると思います。

でも基本は実家に帰りますよね。

 

もう、ほんとにほんとにだるい。帰りの満員電車に酔ったまま乗るのは地獄ですね。(笑)

 

・不自由

女の子なら特に感じることかな?

帰宅時間とか外泊など、細かい決まりを付けられている友達も多くいます。(幸い僕は決まりはないのでここは割と自由にさせてもらってます。)

 

大学生にもなってこんな事でぐちぐち言われたくないと思う人が大半ですよね。(笑)

 

親としては子供が心配だし、ここも少し悩みどころな所。

 

まとめ

実家暮らしのメリット、デメリットを上手く紹介できているでしょうか?

 

 僕は実家暮らしで良かったなと思っています。

あなたも自分に置き換えてみて考えてみてください。

あなたはメリットデメリット、どちらが多そうですか?